2005年09月29日

短期トレード概要

短期トレードの定義は人によって幅があって、1ヶ月以内というのが一般的ではないかと考えられます。私の経験ではもう少し短くて1〜2週間、特に数日間の保有というのが大半を占めていました。短期トレードの魅力は目先の動きを確実にとらえることでデイトレードを上回る利益率を得ながら、資金を短期間で回転させることができる効率のよさを併せもつ点と考えます。

短期トレードの判断には主にテクニカル分析を使います。テクニカル分析とは、過去の価格・出来高のデータを分析することで将来を予測しようというアプローチです。景気動向や企業の業績等を考慮しないので、短期的な分析に向く手法です。中長期分析にも使えるのですが、その際には過去のデータを日単位のものでなく週単位や月単位にまとめて使うこともあります。

私も数年前まではテクニカル分析に基づいた短期トレードを行なっていましたが、この手法にも限界があることを思い知りました。いろいろ勉強しましたがテクニカル分析に絶対確実な方法は存在しません。しかし深く分析すればするほど完璧になった気がして、その失敗を認めたくないのです。その結果、損切り(損を出して手持ち株を手仕舞うこと)も出来ずにじっと株価が戻るのを待つ塩漬け状態になりがちでした。塩漬けは資金の限られた投資家にとっては致命的です。

したがって短期トレードを行なうにあたっても、しっかりしたルール作りが欠かせません。どういった条件で仕込むかだけでなく、どういった条件で手仕舞うのか、目論見通り動いた場合とその逆に動いてしまった両方の場合について明確なルールを設定して、それに従って行動することが望まれます。特に短期トレードは資金の回転が重要となるので、いつまでに手仕舞うという時間制限をつけるのも効果的です。以上が短期トレードの概要です。
posted by 徳山秀樹 at 14:00 | TrackBack(0) | 短期トレード入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

デイトレードのメリット

前回デイトレードについて、買った株をその日のうちに売ってしまう取引のことで、買った値段と売った値段との差が利ざやとなると書きました。原則その日のうちにすべて決済してしまうので、持ち株を抱えて日本時間の夜中に開かれるニューヨークの相場動向を気にしながら不安な夜を過ごすといったこともなく、精神的にもゆとりをもって日々過ごせるメリットがあるというのが一般的な見解でしょう。

しかし私の経験ではそれももちろんあるのですが、それ以上に重視しているのが資金を目一杯使えるという点です。次回以降に述べる短期投資や中長期投資ですと、先ほど書いたような持ち株を持ったまま次の日を迎えるという行為が多少なりとも発生します。いわば株式市場に大事なお金を預けたまま過ごすわけですが、株の世界に絶対はありません。思わぬ事件や事故が発生して、翌日は大きく値下りしてしまう可能性もゼロとはいえないのです。

このような状態で資金を目一杯つぎこんでいたら、完全に首が回らなくなります。特に株式投資入門のカテゴリで書いたように信用取引であればさらに悲惨です。そうした事態を避けるためにも、手持ちの投資資金は半分程度しか使わないというのが原則となっています。残りは非常時の資金として残しておくのです。このことは資金管理という言葉で説明されたりもしますが、株式投資を長く続けていくうえで非常に重要な考え方です。

とはいえ、投資資金の半分しか使えないというのは潤沢な投資資金を持たない投資家にとっては、もったいない話です。しかしデイトレードに限定してしまえば、この資金はすべてつぎ込んでもいいことに気付きました。デイトレードなので1日の利益も損失も限定的なものになりますが、信用取引を利用して大規模に仕掛けて着実に利益を得ていきます。全取引を必ずその日のうちに終了させれば、翌日は再びその資金を使って新たに取引することが出来るのです。こうして資金効率を重視して毎日少しずつでも利益を積み重ねていくというのが、私の現在のトレードの基本的な考え方となっています。
posted by 徳山秀樹 at 14:00 | TrackBack(0) | デイトレード入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

デイトレードとは

これまでにも何回か私のメイン取引手法がデイトレードであることを述べてきましたが、ここで改めてデイトレードについての私の考え方を書いてみたいと思います。9/22付の朝日新聞の1面トップにもとりあげられて、改めて注目されているようです。

デイトレードとは、買った株をその日のうちに売ってしまう取引のこと。買った値段と売った値段との差が利ざやとなります。9/8付の株でどうやって儲ける?を参照して下さい。1日に1回だけとは限らずに、私のように多くの銘柄で複数回繰り返することもあります。この手法自体は「日計り(ひばかり)取引」とも呼ばれるように以前から存在していたのですが、往復の手数料・税金が4%もかかる時代に電話注文でデイトレード専門でやることはちょっと考えられないことでした。オンライン取引と手数料の値下げがそれを可能にしたと言ってもいいでしょう。デイトレードを略してデイトレ、デイトレを専門にやる私のような個人はデイトレーダーと呼ばれています。

デイトレードというと、なぜかギャンブルや投機といった危険なイメージを持つ人も少なくないようですが、実際には、取引がその日のうちに完結するので翌日持ち越すことがないので、リスクが限定的で、むしろ安全な取引だと私は考えます。但し例外はあって、株価の1日の動きには制限があってそれを超えて動くことは原則できません。限度一杯に値上りしたものをストップ高、限度一杯に値下りしたものをストップ安と呼んでいますが、このとき後者で自分の買った株を売ろうとしても売り物が殺到していて売れない可能性があります。そうなると翌日以降にさらに安い株価で売らざるを得ないことになりかねません。信用でカラ売りした銘柄がストップ高になったときも同様です。この点には注意しておく必要があります。

長くなりそうなので、続きはまた書くことにします。
posted by 徳山秀樹 at 09:30 | TrackBack(1) | デイトレード入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

システム障害

今日は書く予定はなかったのですが、タイムリーなので簡単に。日経平均が久しぶりに13000円に乗せてニュースでとりあげられるなど活況が続いて相場が盛り上がっています。こうなると必ずといっていいほど出てくるのが、オンライン証券会社のシステムダウンです。ダウンとまではいかなくても応答速度が極端に遅くなって取引に支障が出ることも少なくありません

特に寄り(9:00)直後30分程度が酷いのですが、それだけ普段はあまり参加していない個人投資家までもが参入してきているとも考えられます。こうしたシステム障害が発生してくるようだと相場が過熱圏で、一服も近いという見方もありますが、オンライン取引全盛の現在ならではの考え方です。

こうした状況は、前日のうちに注文を済ませておくタイプの人や中長期スタンスの人はそれほど心配ないかもしれませんが、短期派、特にデイトレーダーにとっては影響が大きいので警戒する必要があります。証券各社の比較をすることは大事ですが、この取引システム安定性というのも重要な要素です。但しこれを客観的に比較することはなかなか難しいのが実態です。しかも最近では肝心の取引所自体がダウンしてしまうケースもあるので困ったものです。
posted by 徳山秀樹 at 15:00 | TrackBack(0) | 株式オンライン取引入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

信用取引その2

前回は信用取引について、使い方を誤らなければ限られた資金を有効活用できる有力な手段と考えると書きましたが、私のトレード理論では信用取引の利用は必須です。なぜならほぼ同じタイミングで複数の銘柄に対して売り建て・買い建てを仕掛けていくからです。

それについては別冊宝島1176『デイトレーダー徳山秀樹式 月100万が自然と稼げる!株の完全自動売買』に詳しく書かれていますので省略しますが、ここでは信用取引の誤った利用法について簡単に私の考え方を書いてみたいと思います。

信用取引は、証券会社に「保証金」を差し入れることで、証券会社がその投資家に約3倍の信用枠を供与するという仕組みであると前回書きましたが、この枠をフルに活用すれば得られる利益が3倍になる可能性がある一方で、見込みが外れれば損失が3倍に膨らむ危険性もあるということです。

特に銘柄を分散せずに集中することが危険と考えます。確実に値上り(値下り)しそうだという理由でひとつの銘柄を信用取引で目一杯買い建てる(売り建てる)ことを指すのですが、この世界では「確実」という話はあり得ません。確かに目論見通り運んだ場合の利益は大きいでしょうが、次に述べる「追証」発生のリスクが高い取引は避けるべきだと考えます。

追証とは、証券会社に差し入れている保証金が手持ちの株式の含み損(取得価格と時価の差額が損失となっている場合)によって最低維持すべき水準を割り込んでしまい、それを最低水準まで埋め合わせるように追加の入金を証券会社から求められることです。

それが出来ないと手持ちの株式は強制的に決済されますが、そのような状態で決済される株式は大きな損となります。しかし何とか資金をかき集めて追証を入れて凌いだとしても、状況が好転するとは限りません。さらに含み損が増せば再び追証を請求されます。こうなるとドロ沼です。目一杯仕込んだ銘柄が想定外の動きをした場合には案外はやく追証発生に至るものなのです。

これでは株で生活するどころか、株で生活が破綻することにもなりかねません。私は信用取引を積極的に利用していますが、大半がデイトレードです。株式投資で見込みが外れて損が膨らむ原因のひとつに、取引時間外での大きなニュース・事件というのがあるのですが、その日のうちに手仕舞うデイトレードはそれを排除することが可能です。このあたりは、デイトレードのカテゴリで詳しく説明するつもりです。
posted by 徳山秀樹 at 14:00 | TrackBack(0) | 株式投資入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

信用取引

株式オンライン取引入門のカテゴリで書いた、私が岩井証券で口座を開設した動機のひとつに「信用取引」があったことを思い出しました。信用取引については「怖い」と考える方が非常に多く、株式関連の書籍でもこれを勧めない著者が少なくないのも事実です。私の信用取引の考え方については、別冊宝島1176『デイトレーダー徳山秀樹式 月100万が自然と稼げる!株の完全自動売買』で書いていますが、使い方を誤らなければ限られた資金を有効活用できる有力な手段と考えています。

話を戻しますと、以前の信用取引は今より格段に多くの資金を預け入れることができる投資家に限定されていました。具体的には大手証券会社で数千万円、中小でも1千万円程度は必要だったと記憶しています。私は後述する信用取引のメリットを感じていたので、信用口座を開設したいと思っていたのですが、若手サラリーマンがこれだけの資金を確保するのは困難でした。そうした中で、岩井証券が最低保証金200万円で信用取引を始めるというニュースを聞いて飛びついたのでした。

信用取引を利用するメリットのひとつは、自己資金の約3倍まで扱えるようになるということです。証券会社に「保証金」を差し入れることで、証券会社がその投資家に約3倍の信用枠を供与するという仕組みです。保証金は取引がなければ、通常の現物取引をするための預り金と自由に出し入れ可能です。証券会社に預けている資金という点で感覚的には一緒です。

短期間での薄利多売のスタンスである私の手法では、仕掛け枠の増加は利益水準に直結します。最近は現物取引でも売った株の資金をすぐに次の株の買い付け資金に回せる「ループトレード」と呼ばれる仕組みを各社(名称は会社により異なる)が採用しています。これも限られた資金を何回も活用できるという点で同様に優れているのですが、同時に買うことは不可能です。私のスタイルは同時に多くの銘柄を仕掛ける手法なので、信用取引の利用の方が効果的となるわけです。

もうひとつのメリットは、売り仕掛けができるということです。一般的に株式取引は、「安く買って、高く売る」ことでその差額が投資家の利益となるわけですが、信用取引を利用するとその逆のプロセス、すなわり「高く売って、安く買い戻す」という手法が可能になります。これによって利益を得るためのチャンスが倍増すると考えられます。通常の現物取引ではこれはできません。私のスタイルは同時に多くの銘柄を仕掛けると述べましたが、その際に買い仕掛けだけでなく売り仕掛けも実施してバランスをとります。その意味では信用取引の利用は「必須」となるのです。

長くなりましたので、信用取引のデメリット等については改めて書くつもりです。
posted by 徳山秀樹 at 11:00 | TrackBack(5) | 株式投資入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

株式オンライン取引本格化

私が株式オンライン取引を本格化させたのは1998年です。前年に大和證券で株式ミニ投資を始めて投資の勘を取り戻すとともに、Yahoo!のインターネット株価情報を取り込むプログラムを自作して、東証1部全銘柄の日々の株価データを蓄積してテクニカル分析を始めました。

そして徐々に投資金額を増やして従来の単位株での売買もするようになってきました。そんな中で岩井証券がより安い手数料でオンライン取引を始めることを知りました。大阪が本社の会社で、まったく知らない会社でしたが、思い切って口座を開設することにしました。今では当たり前ですがネットでの資料請求から始まり、口座開設の通知に至るまで電話のやりとりなど一切なく淡々と処理が進むことに驚いたものです。

そして大和證券の資金の一部を移して取引を始めると、これがなかなか快適で、手数料の安さとあわせて積極的に利用するようになりました。そのうち他社も競って安い手数料を売り物にしたオンライン取引を開始し、今後の可能性を考えてそれらに積極的に口座を開設していきました。従来は口座を持っているだけで口座管理料の名目で手数料がかかっていたのですが、オンライン証券はそうした手数料が一切かからないのも特徴だったので、口座を持っているだけでは費用は生じません。実際に利用してみて抵抗感もなくなったこともあり、1999年から2000年にかけてどんどんオンライン証券に口座を開設していったのです。
posted by 徳山秀樹 at 14:30 | TrackBack(0) | 株式オンライン取引入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

株式オンライン取引開始へ

1987年に開始した株式取引は2年後に学校を卒業するまで続けました。手法は監視する株価を新聞を毎日見てPCに手入力して、それを簡単なテクニカル分析によって買い時・売り時を判断するという単純なものでした。いわゆる「押し目買い」です。それでもバブル絶頂に向けて株価は右肩上がりだったこともあり、50万円で始めた資金は100万円を超えました。しかし卒業して就職してからはこれを続けるのは困難だろうと考え、卒業を機にきっぱりやめて、儲けは卒業旅行の資金となりました。

就職後は実際忙しかったこともあり、株式投資は中断していました。バブル崩壊を横目で見ながら、急落した銘柄のリバウンド(短期間で急落した株価が反発すること)を狙って数回短期売買をした程度でした。取引は引き続き山一證券での電話注文だったのですが、1997年に自主廃業に追い込まれてしまいます。騒動が一段落してから入り口を警備員で固められた支店に出向いて、資金を引き出したことを覚えています。

資金を移した先は大和證券でした。ここには山一證券が自主廃業する1年前に口座を開設していました。当時インターネットを使ったオンライン取引(株式取引注文)に積極的な証券会社であると考えたからです。さらにここでは株式ミニ投資という通常の10分の1の投資金額で売買が出来るユニークな制度も始めていて、インターネットで発注できる手軽さと合わせ投資の勘を取り戻すのに最適と考えたのでした。ここで少額の資金で株式ミニ投資をオンライン取引で始めていました。

こうして大和證券で投資の勘を取り戻したことに加えて、山一證券からの資金も加わって本格再開の準備が整ってきましたが、もう一つ重要なことがあります。それはインターネットを利用した株価データの公開です。インターネット経由で株式注文は可能になったものの、株価データをインターネットに乗せて公開することは問題点があってなかなか実現しませんでした。これではまだ不十分です。

それがある時期に大和證券では口座開設者には画面からの入力で任意の銘柄の株価が自由に検索できるようになりました。リアルタイムのデータも可能だったと思います。次いでYahoo!が20分遅れながら誰でもインターネットで株価が見れるサービスを開始しました。ここでようやく私が夢見た投資環境が実現することを確信しました。苦労の末、全銘柄の株価データを取り込んで表計算ソフトのExcelに転記するプログラムを開発したのです。それまでは限定銘柄を手入力したデータで実施していた各種テクニカル分析が、全銘柄を対象に広がるという点で画期的でした。
posted by 徳山秀樹 at 13:30 | TrackBack(0) | 株式オンライン取引入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

株式オンライン取引以前

株式投資入門については、まだまだ書くことがあるものの、性格上あちこち手をつけたいのでこちらも書いてみます。最初は自分の歴史を振り返る話が中心となりそうです。

私が株式投資を始めたのは1987年。前年より祖父の影響で株に関心を持っていましたが、正月に訪問して話を聞いて決断しました。当時は祖父は野村證券で取引をしていましたが、私が準備した資金は祖父からの借入れも含めて50万円。これではちょっと恥ずかしいと考え、同じ駅前にあった山一證券にしました。一人で店頭に行って口座を開設したはずですが、あまりよく覚えていません。

最初に買ったのは日立造船。当時はバブル絶頂期で株価はグングン上昇しており、私の資金で買える銘柄は鉄鋼、造船、海運、電力くらいで、これらを数週間で回転していました。注文は電話で、特別に担当者はいなかったので出た人に伝えてます。当時、山一證券には「サンライン」というファミコンと電話回線を接続して株価照会や注文が出せるという画期的なツールがあったのですが、覚えていないものの利用料もばかにならない金額だったので使いませんでした。当時は株価データは自分でPCに手入力して分析していたのですが、いずれ今のオンライントレードのような環境が実現すると夢見たものの、当時の貧弱なパソコン通信は使う気になりませんでした。

それが実現したのは、それから約10年が経ってからです。
posted by 徳山秀樹 at 11:00 | TrackBack(0) | 株式オンライン取引入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

株でどうやって儲ける?

「株で儲ける」方法は次の2種類に大別することができます。

株式会社は株式発行で得た資金を事業活動に用いて利益をあげることを目指します。得られた利益は「配当」という形で出資者(株主)に還元されるのです。配当金額は企業や業績によって異なり、配当がゼロ(無配)ということもあり得ますが、通常年1〜2回はこれを受け取る機会があります。

この株式会社の仕組みの特徴は、小口に分割して株式を発行することで投資家から大量の資金を集めやすいことにありますが、この株式は取引所に上場することで、投資家がいつでもそれを売買することが可能な仕組みになっています。価格(株価)は需給によって変動するので、株価が安いときに買って高いときに売れば、その差額が投資家の利益となるわけです。

前者は中長期の投資スタンスに向いていますが、短期投資でも可能です。配当を受け取ることができる権利を確定する日はあらかじめ決まっているので、その直前に買ってそれを過ぎたら売ってしまう
わけです。但し投資資金に対する配当金の割合は1〜2%がせいぜいで、売買による損失ががそれより大きな金額となれば配当は貰ったもののトータルでは損だったということにもなりかねません。

後者は短期の投資スタンスに向いていますが、中長期投資でももちろん差額が利益となることに変わりはありません。投資する期間に応じて目指す利益水準が変わってくるのが一般的です。中長期であ
れば時間はかかっても株価が2倍、3倍となるケースもありますし、短期投資であれば10%、20%あたりでしょうか。さらに短く、買った株をその日のうちに売って利ざやを得ることはデイトレードと言い、それを行なっている人がデイトレーダーと呼ばれています。これらの投資法については、それぞれのカテゴリで解説していく予定です。
posted by 徳山秀樹 at 17:30 | TrackBack(0) | 株式投資入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

株とは何か?

きちんとした解説は証券会社やその他の専門的なところに譲るとして、ここでは「株で儲ける」という少々怪しげな響きのある行為に興味を持っている人を対象に、株とは何かということを自分なりに書いてみたいと思います。

この「株で儲ける」の「株」とは一般的に株式投資を指すと考えられます。つまり「株式に投資して儲ける」という言葉を省略しているわけです。ただ投資というと私のようなデイトレーダーにはややオーバーな印象もあるので、取引(売買)と置き換えてもよさそうです。その場合は、「株式を取引(売買)して儲ける」という言葉になります。いずれにしても、こうした行為をする個人・法人は投資家と呼ばれます。

では次に株式についてですが、株式という言葉で思い出されるのは株式会社でしょう。株式会社の資金的な元手である資本金は、多くの人からの資金の提供(出資)を受けやすいように小口に分割して発行されます。これを株券または株式と呼んでいます。

多くの株式会社の株式は東京や大阪などの証券取引所に登録(上場)されていて、そこで自由に売買することができます。一般的には証券会社を通じて売買するのですが、これが株式投資となります。具体的に株式投資でどうやって儲けるかについては次回書いてみるつもりです。
posted by 徳山秀樹 at 18:00 | TrackBack(0) | 株式投資入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

更新頻度

立ち上げてまだ何も書いていないのに結構アクセスが多くて驚いている。基本的に日々の活動日記は、個別株自動売買システム開発・運用記にこれまで通り書いていくつもりであり、こちらの更新は不定期になる。但し、こうした状況からも出来るだけ積極的な更新を心掛けていきたい。
posted by 徳山秀樹 at 10:30 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

本ブログの趣旨について

このブログは、徳山秀樹式トレーディング解説に掲載予定のコンテンツを少しずつ作成していくために立ち上げた。株式投資の未経験者・初心者を主な対象に、堅実な徳山式トレード理論を基礎的な部分から解説することで理解を深めて欲しいと考えている。
posted by 徳山秀樹 at 22:00 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。