2006年02月25日

大証の新売買システムが週明けに稼動

大阪証券取引所の新売買システムが2/27に完全稼動されます。
■参考記事:大証、全商品の新売買システム稼働、2月27日に

大証では一部の銘柄で株価配信に遅延が生じるなど、取引システムの遅延が繰り返されており、こうした状況を改善するための新システムを稼動させるものです。これに伴い大証取扱い全銘柄の複数気配情報(板情報)が従来の表示から、最大8本表示(売・買合計16本)となるとのことで、これに対応するため楽天証券のマーケットスピードもバージョンアップされます。現在トラブル回避のため大証銘柄のトレードは殆どしていないのですが、これを機にどうなるのか注目しています。
■参考記事:「マーケットスピード新バージョン5.22リリース」2月25日午前3時よりダウンロード開始!(大阪証券取引所板情報配信変更に対応)
posted by 徳山秀樹 at 10:20 | TrackBack(1) | 株式投資入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

東証取引時間が5月には正常化

ライブドア・ショックなどによるシステム処理能力の逼迫から、後場の取引開始時刻を30分繰り下げて午後1時にしている東京証券取引所ですが、昨日の新聞報道では5月までにはこれを元に戻す方針を固めたようです。システム処理能力の向上策の進捗によるものだと思いますが、件数の多いライブドア株の上場廃止も織り込んでいるのでは?と勘ぐってしまいます。

個人的には専業トレーダーの立場で、午後1時開始の方が何かと好都合だったのですが仕方ありません。大証の日経平均先物が従来通り12:30に始まることで弊害も出ているようです。
posted by 徳山秀樹 at 14:00 | TrackBack(0) | 株式投資入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

確定申告提出

作成した確定申告書類を税務署に提出してきました(2/17)。電子申告・納税システム(e-Tax)という制度や、郵送で提出しても良いのですが税務署も比較的近くにあるので、直接持参して控えに収受印を押してもらうことで区切りをつけるようにしています。

今年は開始後2日目ということもあり行列が出来ていて、初めて10分ほど並んで待ちました。これまでも早い時期に提出していたのですが、翌週というのが多く、逆に還付申告で2/15以前に出したこともあります。いずれも混雑を避けるためですが、今回は週末前に提出してすっきりしようということでこの時期になりました。

これですっきりと仕事に打ち込めるので、セミナーの準備も本格化します。

3/26に株式投資セミナーの講師をします
徳山秀樹の株式投資セミナー
posted by 徳山秀樹 at 17:20 | TrackBack(1) | 株式投資入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

株式譲渡益の確定申告作業ほぼ完了

昨日書いた確定申告作業は順調に進み、その日のうちにプリントアウトまで終えることが出来ました。数年前から国税庁ホームページの確定申告書等作成コーナーを利用してweb上で作成していますが、提出用資料のプリントアウトまでするようになったのはカラープリンタを買い替えた昨年分からです。

それまでは作成したものを手書きで添付していましたが、それでも十分便利なものでした。それが今年からはモノクロプリンターでの印刷したものでもOKになったみたいです。

もちろん提出用資料のプリントアウトまで済ませればさらに楽チンですが、最も助かるのは明細表で作成した数字がそのまま総括表の数字に集計されて、各ページの整合性が自動的にとられる点です。さらにこれを進めて電子申告・納税システム(e-Tax)という制度もあるようですが、今のところそこまでは考えていません。税務署も比較的近くにあるので、直接持参して収受印を押してもらうことで区切りをつけるようにしています。
posted by 徳山秀樹 at 16:20 | TrackBack(1) | 株式投資入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

株式譲渡益の確定申告作業中

今年も確定申告のシーズンがやってきました。ぼちぼち作業を始めていますが、個人的には今年から少しアプローチが変わるので結果が楽しみです。

具体的には、数年前に従来の源泉徴収制が廃止されて特定口座に移行してから新しい源泉徴収を選択せずに確定申告で証券各社をまとめて税額を計算して納めていたのですが、昨年からすべて源泉徴収に変更したのです。

もともと前年分をまとめて確定申告して実際に納めるまでに期間があるので、税金相当分をプールしておいて運用できるのではと目論んだのですが、うまく分別管理することは難しいもので、結局は納付時に慌ててお金を用意するといった状況になりました。

そこで昨年から特定口座の源泉徴収にしたのですが、利益から10%引かれるうえに前年分の税金も納付しなければならないという二重支払いは想像以上にきつかったです。

しかしそれを乗り切って、今度の確定申告では源泉徴収分からの還付が見込まれます。別に税額が変わるわけではないのですが、後で納めるよりも先に引かれたものが戻ってくる方が気分はいいものです。
posted by 徳山秀樹 at 09:20 | TrackBack(0) | 株式投資入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

朝が勝負

私の現在のトレードスタイルはデイトレードが主体ですが、事前準備などが必要のないお気楽なものです。朝すべきことはニュースでNYの株価動向をチェックする程度です。

しかし取引開始後30分間が非常に重要な時間帯で、ここには常にすっきりした状態で臨む必要があり、集中力が要求されます。このため寝坊をするなどは論外ですが、頭のぼーっとした冴えない体調で臨むことも許されず、その意味で体調管理には気をつかいます。

それでも朝目覚めて体調が思わしくないことも少なくなく、そんなときはあの手この手を使って取引開始までに体調を立て直します。そしてその時間帯さえ乗り切ればあとは適当に過ごしていても、それほど問題になりませんが、あくまで私独自のトレードスタイルであってすべてのトレーダーにあてはまるわけではありません。
posted by 徳山秀樹 at 11:00 | TrackBack(0) | 専業トレーダー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

大証のシステムも深刻

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1681642/detail?rd
にもある通り、東証のシステム不安の問題が尾を引いていますが、大証も東証と同じかそれ以上に深刻です。

昨年から特定銘柄への取引集中との理由でしばしば(というか恒常的に)約定の遅延が発生しており、個人的には殆どここで取引することはなくなっています。本日もあったようです。
http://www.ose.or.jp/frame.html?news/0602/060202c.shtml

さらに本日は大証で上場している225先物が大引けの15:10を5分過ぎてもまだ価格・気配が動いているという信じられないような遅延を目撃してしまいました。このようにパンクした取引所ではとても取引することは出来ません。いったいいつまでこうした状態が続くのでしょう?
http://plaza.rakuten.co.jp/chieru/diary/200602020000/
posted by 徳山秀樹 at 18:30 | TrackBack(0) | 株式オンライン取引入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

専業トレーダー6年目

専業トレーダー生活を初めて丸5年が経過し、今年で6年目に突入しました。そこで新たに専業投資家を目指したり、関心のある方に向けて自分自身の経験に基づいた様々なコメントを書いていきたいと思います。

先月の「ライブドア・ショック」から東証のシステムが逼迫して、後場の取引開始が13時からに変更となりました。当面の間は継続するとのことですが、私が株式投資を始めた頃も後場は13時からだったので懐かしい気がしています。(ちなみに土曜日も前場だけ取引があったりもしました)

現在はデイトレードを主体にしていますが、大半の取引は前場で終えてしまうため、後場開始が遅くなることは時間にゆとりが出来て個人的にはウェルカムです。次回以降は専業トレーダーの時間の使い方などを書いてみたいと思います。
posted by 徳山秀樹 at 13:30 | TrackBack(0) | 専業トレーダー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。