2005年12月07日

2005年ヒット商品番付 by 日経MJ

本日の日経MJ(日経流通新聞)に今年のヒット商品番付が発表されています。東の横綱がi-Podで、西の横綱は該当なしとのことですが、東の大関に株式ネット取引口座がランクインしています。(西の大関はクールビズ)発信源は「米」と「官」で、景気拡大がみえ始める一方で、乗り切れていない日本企業の姿が読み取れるとのことです。

株式ネット取引口座がそれほど一般に浸透したというのは感慨ひとしおですが、現在の株式市況を考えるとしばらく続くのでしょうか。ただし昔から「大衆が株式相場に興味を持つようになると相場も終わり」的なとらえ方も存在するので、投資タイミングや投資ルールの設定には十分な注意が必要と考えます。
posted by 徳山秀樹 at 10:30 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。