2005年12月21日

自動売買の弊害?

ジェイコムの話題が続いたので、ちょっと話題を変えてみます。

現在、私は自動売買によるデイトレードを実践しています(下記ブログ参照)。
個別株自動売買開発・運用記
無人売買システムで殖やす

以前にも書いた通り、パソコンによる自動売買は自分で定めたルールをきっちり守って運用するという点では最高の手段と考えます。この運用が中心の現在は、以前のように相場観を持って臨む必要がなくなりました。相場が動く方向に舵をきる程度です。その結果、相場に対する考えを持つことが殆どなくなってしまいました。相場がどう動こうと関係なくなってしまったのです。現時点で日経平均はとうとう16000円に乗せてきましたが、まるで他人事です。

十分な利益が出ていればそれでもいいのですが、もう少し上を目指すうえで、この状態では意欲の低下につながりかねません。自動売買に運用を任せつつ、虎視眈々とチャンスを狙うというのは難しいものです。
posted by 徳山秀樹 at 14:30 | TrackBack(0) | 自動売買入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10898824
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。