2006年01月05日

また誤発注

昨年暮れに新規上場のジェイコム株の誤発注が世間を騒がせましたが、今度は大発会で日興シティグループ証券が東証1部上場の日本製紙グループ本社(3893)の株式について、「2株の買い」を誤って「2000株の買い」と注文したとのことです。

報道によると、同社社員が個人的な資産運用目的で注文を出す際に、用紙に株数を誤って記入し、その内容をチェックするべき同社の法務部門や取引担当者もミスに気付かず、そのまま東京証券取引所に注文してしまったとのことです。前回の教訓が生かされていないとのことで、また論議をよびそうです。

日本製紙グループ本社(3893)については、今年から始めた新しい自動売買システムの対象銘柄に選定して、日々のチャートを管理するようにしたのですが、気付きませんでした。しばらく乱高下するかもしれないので、手を出さずに様子を見守ります。
posted by 徳山秀樹 at 18:30 | TrackBack(0) | 株式オンライン取引入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11359027
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。