2006年01月24日

株式市場は冷静

東証マザーズに上場するライブドアのトップを含む幹部の逮捕という事態から一夜が明けましたが、株式市場は冷静で平均株価は値を上げています。

しかし一方で東証システムの信頼性の問題は抜本的に解決されたとは思えず、今後ストップ安を続けるライブドア株の値がついて、商いを伴って投機的な激しい値動きをするようになると約定件数が急増するのではないかという懸念も聞かれました。ライブドア株は本日から監理ポストに入っています。
関連記事:http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1658872/detail

私は何度も書いているように新興市場のトレードをしないので、直接的な影響はありません。後場の開始が30分遅くなったことくらいですが、これも後場に時間を持て余すことが多いのが現状なので個人的には歓迎しています。

[17:30追記] ライブドア株の売買再開により予想される混乱に東証も手を打ってきました。
関連記事:http://www.asahi.com/business/update/0124/138.html
ライブドア株の取引時間を1日1時間半に制限するというもので、1社の商い急増による混乱が大証のように市場全体に及ぶのを避けるという意味では仕方ないのかもしれませんが、取引を制限するという行為は感心できません。
posted by 徳山秀樹 at 10:50 | TrackBack(1) | 株式投資入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12176759
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

本日(1/24)の225先物値動き
Excerpt: 始 値:15480高 値:15670安 値:15480終 値:15660(前日比+280)出来高:98202ライブドア事件が大きな動きを見せる中で、株式市場は冷静に対応しているように感じた。昨日の下げ..
Weblog: 徳山秀樹の日経225先物・オプション
Tracked: 2006-01-24 16:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。