2006年02月11日

株式譲渡益の確定申告作業中

今年も確定申告のシーズンがやってきました。ぼちぼち作業を始めていますが、個人的には今年から少しアプローチが変わるので結果が楽しみです。

具体的には、数年前に従来の源泉徴収制が廃止されて特定口座に移行してから新しい源泉徴収を選択せずに確定申告で証券各社をまとめて税額を計算して納めていたのですが、昨年からすべて源泉徴収に変更したのです。

もともと前年分をまとめて確定申告して実際に納めるまでに期間があるので、税金相当分をプールしておいて運用できるのではと目論んだのですが、うまく分別管理することは難しいもので、結局は納付時に慌ててお金を用意するといった状況になりました。

そこで昨年から特定口座の源泉徴収にしたのですが、利益から10%引かれるうえに前年分の税金も納付しなければならないという二重支払いは想像以上にきつかったです。

しかしそれを乗り切って、今度の確定申告では源泉徴収分からの還付が見込まれます。別に税額が変わるわけではないのですが、後で納めるよりも先に引かれたものが戻ってくる方が気分はいいものです。
posted by 徳山秀樹 at 09:20 | TrackBack(0) | 株式投資入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。