2006年06月17日

投資情報利用にあたっての注意点

大きく下げた日経平均も週後半はNY株反発にも助けられて15000円目前まで回復しました。

GW明けくらいからダラダラ下げていく過程で感じたのですが、16000円、15500円そして15000円といった節目付近を中心に押し目買いを推奨するコメントが数多く見られたのですが、現実にはそこからさらに下げてしまいました。

インターネット全盛の時代で、こうした投資情報を簡単に手に入れることが出来ます。優良な情報も多く、その利用を否定するつもりはないのですが、100%正しいということはありえません。その際の対処に注意が必要だと思います。

これについては、執筆講師をつとめる¥塾のトレーディング研究会(投資家日記)でコメントを書いています。一般向け日記に書いており、会員でなくても読むことが出来ますのでご覧下さい。また私のコメントだけでなく、経験豊富な他の執筆陣のコメントが読めるので有意義だと思います。→一般向け日記を読む

トレーディング研究会の詳細はこちらから


posted by 徳山秀樹 at 14:30 | TrackBack(1) | 株式投資入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19399500
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

[スイング] スイング利用のメリット・デメリット
Excerpt: デイトーレダーの視点からまとめておく。 メリット・・・スイング玉を持つことで相場の動きに敏感になる。過度に相場観を持つことはしたくないが、デイトレ専門だとまったく気にならないので、休み明けを中心に相..
Weblog: 徳山秀樹の日記(個別株自動売買システム開発・運用記)
Tracked: 2006-06-17 14:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。