2006年07月02日

大納会・大発会の半場立会いが廃止に

東証では、2009年稼働予定の次世代システムで、同システムの稼働に合わせ、年末の大納会と年始の大発会の2日間を午前中の取引としている「半日立会い」を廃止する方針だそうです。

これらは年末年始の風物詩ともなっていましたが、システムの効率性を考えれば特殊な例を設けない方がいいみたいです。個人的にも自動売買プログラムの設定変更が面倒だったので歓迎です。但し実現は少し先になりそうです。
posted by 徳山秀樹 at 19:30 | TrackBack(0) | 株式投資入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20169006
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。