2005年09月06日

株とは何か?

きちんとした解説は証券会社やその他の専門的なところに譲るとして、ここでは「株で儲ける」という少々怪しげな響きのある行為に興味を持っている人を対象に、株とは何かということを自分なりに書いてみたいと思います。

この「株で儲ける」の「株」とは一般的に株式投資を指すと考えられます。つまり「株式に投資して儲ける」という言葉を省略しているわけです。ただ投資というと私のようなデイトレーダーにはややオーバーな印象もあるので、取引(売買)と置き換えてもよさそうです。その場合は、「株式を取引(売買)して儲ける」という言葉になります。いずれにしても、こうした行為をする個人・法人は投資家と呼ばれます。

では次に株式についてですが、株式という言葉で思い出されるのは株式会社でしょう。株式会社の資金的な元手である資本金は、多くの人からの資金の提供(出資)を受けやすいように小口に分割して発行されます。これを株券または株式と呼んでいます。

多くの株式会社の株式は東京や大阪などの証券取引所に登録(上場)されていて、そこで自由に売買することができます。一般的には証券会社を通じて売買するのですが、これが株式投資となります。具体的に株式投資でどうやって儲けるかについては次回書いてみるつもりです。
posted by 徳山秀樹 at 18:00 | TrackBack(0) | 株式投資入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。