2005年09月21日

システム障害

今日は書く予定はなかったのですが、タイムリーなので簡単に。日経平均が久しぶりに13000円に乗せてニュースでとりあげられるなど活況が続いて相場が盛り上がっています。こうなると必ずといっていいほど出てくるのが、オンライン証券会社のシステムダウンです。ダウンとまではいかなくても応答速度が極端に遅くなって取引に支障が出ることも少なくありません

特に寄り(9:00)直後30分程度が酷いのですが、それだけ普段はあまり参加していない個人投資家までもが参入してきているとも考えられます。こうしたシステム障害が発生してくるようだと相場が過熱圏で、一服も近いという見方もありますが、オンライン取引全盛の現在ならではの考え方です。

こうした状況は、前日のうちに注文を済ませておくタイプの人や中長期スタンスの人はそれほど心配ないかもしれませんが、短期派、特にデイトレーダーにとっては影響が大きいので警戒する必要があります。証券各社の比較をすることは大事ですが、この取引システム安定性というのも重要な要素です。但しこれを客観的に比較することはなかなか難しいのが実態です。しかも最近では肝心の取引所自体がダウンしてしまうケースもあるので困ったものです。
posted by 徳山秀樹 at 15:00 | TrackBack(0) | 株式オンライン取引入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7156093

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。